勉強方法と受験の対策サイトTOP > 勉強のやり方 > ノートのまとめ方の「上手なコツ」とは?

ノートの上手なまとめ方

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

ノートのまとめ方は、勉強方法を考えるなら、だれでも気になるところです。
「東大合格生のノートはかならず美しい」なんて本も出ていますよね。それだけ関心が高いわけです。どのようにノートを上手にまとめるのか、それによって成績や偏差値もアップすれば、最終的な試験の合格までをも左右しかねません。

また、これから解説することや例は、受験勉強や予備校の講義、資格試験だけではなく、仕事や現役の看護学生など、あらゆる場面で役立ちます。

ノートをとる場合、次の2つのシチュエーションがあります。
  • 先生(講師・教授)の話や板書を書き写す
  • 独学のさいに、テキストをまとめる

まず、中学や高校、高専、あるいは大学、専門学校などで、先生が黒板に書いたことを書き写すときに、ノートの取り方、まとめ方が問題になります。

その先生が話主体の授業をする人なのか、それとも、ていねいに板書をするタイプなのかによって、もちろんノートのまとめ方は違ってきます。

あまり黒板に書かず、話主体の講師の場合は、よく耳を傾けて要点を拾い出さなければなりません。かなりの集中力が要ります。こういったケースでは、しゃべったことをすべて「速記」する書き方は得策ではありません。

キーワードだけを書いたり、図やイラストにしてみたり、矢印や吹き出し、あるいは箇条書きで簡単にまとめる方法が大事だと思います。そして、授業内容を忘れないうちに、それらの「走り書き」やキーワードなどを見ながら、別のノートに清書すべきでしょう。

ノートにまとめる意義は、あとから何度も読み返して復習することにあるからです。ですから、あとから読む場合のことを考えて、丁寧に書き直す必要があります。もちろん、このへんは好き好きですから、おおざっぱでもいいという人は、そのままでもいいでしょうし、きれい好きな人は書き直すといいと思います。

>> 東大記憶法 〜記憶力90日向上プロジェクト〜(記憶法・遠隔セミナー)



 


板書主体の授業の場合は、それを忠実に書き写すことは当然といえるでしょう。先生も黒板に書くわけですから、そんなに急がなくても、いっしょに書いていけば間に合います。つまり、あとから清書する必要がないわけですね。

こういった場合は、授業中に丁寧にノートを完成させます。
もちろん、先生も話をしますから、そういったなかで重要と思うことを、余白に補足的に書き込みます。授業中、板書のほうは、ていねいにノートに書き、話の内容はコピー用紙やルーズリーフ、あるいはメモ帳のようなものに記すのもいいと思います。話の内容はササッと速記して、あとからノートに、ていねいに追加するわけです。

このときのノートのまとめ方として、板書のものか、それとも補足的な話なのかを、あとから見てわかるようにノートに書きましょう。色を変えてもいいですし、矢印を引っ張って余白に書くようにしてもいいと思います。漫画の吹き出しみたいにするのも面白いですね。

なかには、いっけん授業内容とは関係のない雑談的なことまで、細かに記している人もいるそうです。雑談といえども、授業内容と、どこかでつながっているので、あとから思い出すときに、芋づる式に記憶を引き出しやすいのだそうです。意味記憶をエピソード記憶に昇格させるわけですね。

あの「おやじギャグ」を言っているときに、数学や古典、漢文、古文の重要なことを話していたな、とか・・・。そういったときは、「おやじギャク」まで、しっかりとノートに書くわけですね(笑)。これは物理や化学、現代文など、どんな教科にでもいえます。
無味乾燥な意味記憶ばかりの科目ほど、このノートの取り方は効果があります。先生の表情とか、ここで笑ったとか、いろいろ書き込むと面白そうです。

 


さらに補足すれば、「まとめノート」ですから、すでに要点が抽出されているわけです。その状態で、さらにカラフルな蛍光ペンで塗ったり線を引くと、目がチカチカして見づらくなります。ですので、もし線を引くにしても一色(赤など)だけにしたほうが、シンプルで、あとから見やすくなると思います。

あとから読み返しやすいように、まとめる」・・・これをつねに意識することが、
ノートのまとめ方のポイントです。

そのほか、よくあるノートのまとめ方としては、中央に線を引いて半分に分けるやり方があります。左側に用語、右側に解説などを書きます。または上下で区切って、上に先生の板書、下に調べたことでもいいですし、左ページに板書、右ページに調べたこととか、自分の考えを書き込むという方法も面白そうです。

大学ノートには、上に余白があるので、ここに重要な用語やキーワードを、とりあえず書いておくと、あとから清書しやすくなります。

授業中のノートのまとめ方は、ざっとこんな感じになります。
板書主体の場合は、授業中に完成しますが、話主体の場合は、できるだけ時間をおかずに、別のノートに清書して書き直すことがポイントです。

人は記憶したことを、1時間後には56パーセントも忘れてしまいます。
もしあなたが大学生なら、授業が終わったあとに図書室に行くなりして、まとめノートを作るといいと思います。この行為は、同時に復習にもなるので、長期記憶になりやすくなります。

 


最後に、独学でテキストや教科書、受験参考書などをまとめる場合、よく陥りがちな間違いは、そのまま「丸写し」することです。これは勉強をやっているつもりという「代理満足」をもたらすだけで、何の意味もありません。独学でノートを取ること自体、あまり意味がないような気がします。

そんな時間があったら、テキストを何度も復習して、読み返した方がいいでしょう。ただしインターネットで調べ物をするようなときは、それをコピーしてエクセルにまとめるということは有効だと思います。コピーアンドペーストなら時間をとらないからです。

ネットのホームページは、一度見かけたら、それをコピーしておかないと、二度とお目にかかれない、なんてこともあります。そういった事態を防ぐために、できだけお気に入りに入れたり、エクセルに保存するのです。エクセルなら太字にしたり、文字に色をつけたりといったことが自由自在です。

できれば、ただコピーしてエクセルやメモ帳に添付するのではなく、自分の言葉でまとめるようにすれば、あとから読み返しやすいですし、記憶の定着も促されます。




■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール