勉強方法と受験の対策サイトTOP > 勉強のやり方 > 効率的な勉強法とは?

効率的な勉強方法は、やる気をもつことから

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

効率的な勉強方法を解説していきましょう。
言い換えると質の高い勉強内容ということです。

効率的な勉強ができれば、勉強時間を減らすことができます。
そのぶん、趣味やゲーム、パソコン、スポーツ、部活など、自分の好きなことに時間をさけるようになります。そのことが、また勉強で疲れた脳をリフレッシュし、ストレス解消になるという好循環になります。

いっぽう勉強の能率が悪い人は、やたら勉強時間が長いにもかかわらず、あまり勉強内容が頭に入ってこないし、覚えられないということに・・・。運動をする時間がないので全身の血行が悪くなり、脳の血液循環も悪化します。ストレス解消の方法をもっていないので、勉強をするほどにストレスがたまっていくという、悪循環になります。

効率的な勉強方法を実行するには、以下に示すことがポイントになります。

  • いかに、やる気をもって勉強に取り組めるか
  • いかに、最高の脳の状態を保って勉強できるか

効率的な勉強方法をとるためには、まず「やる気」「意欲」「モチベーション」というものが必要になります。やる気もないのに、勉強内容が吸収できるわけがありません。

勉強にやる気をもつということは、言い換えると「勉強が好き」という状態です。そのためには、できるだけ、自ら進んで勉強のほうに入り込んでいくことしかありません。

勉強をやる前に、ちょっとだけゲーム、5分だけ携帯のメールやツイッター・・・これでは、5分だけにとどまらず、いつのまにか勉強しない結果になりがちです。そうではなく、意識の方向を変え、まずは5分間でも勉強するのです。

そのためには、つねに目に入る場所に、教科書やテキスト、受験参考書、虎の巻、過去問などを置いておくことが勉強方法の秘訣となります。教科書は、どこか遠くとか、どこか奥のほうにしまってはいけないのです。

目に付く場所に、つねに教科書・参考書を置き、思い立ったら、すぐに5分間だけでもいいので、ページを開く。これこそが勉強のやる気を出すコツです。

時間が来たから仕方なく勉強しようではなく、自分から進んで勉強に取り組んだときには、脳力はマックスになります。思考力、集中力、理解力、記憶力が最大に高まった状態で、学習に取り組めるのです。これは中学や高校の受験、大学受験、資格取得の学習、すべてに言えることです。

 


さて、勉強を気持ちよく開始することはできました。
効率的な勉強をするための第2段階は、いかにして、その最高の脳の状態を維持していくか、ということです。人間の脳は、せいぜい60分、長くても90分(1時間半)程度しか、集中力を発揮できないものです。

レム睡眠とノンレム睡眠のセットは90分単位ですし、どうやら脳のリズムは90分単位になっているようです。それ以上つづけて勉強しても、だんだん集中力が下がってきます。

そこで対策として、10〜15分程度の休憩を入れます。まあ、疲れてきたら自然と休むでしょうから、これは問題ないでしょう。どんなに長くても90分以上つづけない、ということです。受験生や浪人生は、このような勉強のスケジュールを組みましょう。

休憩は、たんに休むためのものではありません。
疲れた脳を癒し、2セット目の勉強へむけて英気を養う時間帯なのです。また、この休憩によって、記憶してきたことが多少は整理されます。ですから、もし可能なら、休憩は30分から1時間以上とったほうがいいのです。

効率的な勉強方法の秘訣は、以上の2点になります。
まずは、こちらから飛び込んでやる気をもって始める。そして集中力や思考力、理解力が低下してくる60分から90分を限度として、いったん勉強をストップして休憩する、ということですね。

 


そのほか、勉強する環境も、もちろん勉強効率に影響してきます。
たとえば、周囲の音、明るさ、温度、湿度。部屋が雑然として集中できないのなら、整理整頓してみるのもよいでしょう。体を動かしているうちに、ドーパミンが分泌されてきます。その結果、脳が興奮してきて、勉強モードになったりします。

注意すべき点は、栄養不足と睡眠不足です。
朝食も食べず、ブドウ糖が不足していては、脳に栄養がいかないので、頭の回転が鈍ります。これでは、とても効率的な勉強方法とはならないですよね?

また睡眠不足は、誰しも経験があると思います。
寝不足のときは、本の文章を読もうとしても、頭に入ってこないという状態になります。何度も同じ箇所を読んだり・・・。ですからセンター試験や国家試験、公務員試験などで、眠い目をこすって、睡眠を削ってまで猛勉強することは間違っているのです。

睡眠中に、脳のなかで記憶が整理され、重要な記憶が長期記憶へと移し替えられます。
もし寝ないで勉強すると、この作業が滞るので、記憶されにくくなってしまいます。勉強はできるだけ早い時間帯にすませ、夜は早めに寝て、十分な睡眠時間をとるようにしましょう。実は、深い睡眠をしっかりとることが、効率的な勉強方法の極意でもあるのです。




■勉強方法の秘訣とは?(英語の効率もアップします)
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール


■短期間で頭に刻み付ける「記憶術」の方法とは?
>> 記憶術日本一!! 藤本憲幸氏の記憶術講座 <<