勉強方法と受験の対策サイトTOP > 脳と勉強のヒント集

脳と勉強方法は密接な関係

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

脳と勉強は、とても密接につながっています。
それも、そうですよね。勉強は、スポーツのように体に覚えこませるものではなく、脳で理解したり記憶したりするものだからです。もちろん、厳密にえば、スポーツの動作も「手続き記憶」といって脳がかかわっています。

脳をよく知ることで、勉強効率には雲泥の差があらわれてきます。
現代の脳科学は、まだまだ脳の仕組みを解明しきってはいませんが、脳の特性にかんしては、かなりのところまでわかってきています。

脳は機能局在といわれるように、部位ごとに、その働きが決まっています。
そして勉強に役立つ脳の場所は、中心部にある大脳辺縁系(扁桃体・海馬)や、脳の前方を占めている前頭葉(前頭前野)です。もちろん長期記憶は、側頭葉をはじめ脳のいたるところに蓄積されますし、脳のすべてが勉強にとっては大切なのは、いうまでもありません。

しかし、前頭葉のワーキングメモリと、記憶の司令塔である海馬の働きが、どこまで活性化されているかが、受験勉強での偏差値アップや、資格試験の合格を左右します。

 


脳は食事からの栄養によって、かなり影響をうけます。
ブドウ糖は、脳の唯一の栄養源ですので、朝食はもちろん、3度の食事で炭水化物をしっかりと摂りましょう!ブドウ糖のほかには、n-3系の不飽和脂肪酸であるオメガ3(DHA,EPA)、n-6系の不飽和脂肪酸であるアラキドン酸も必要です。

大豆に含まれている大豆レシチンは、記憶に関係のあるアセチルコリンの合成をうながします。

脳の疲労は、もちろん勉強に悪影響を及ぼすので、しっかりと睡眠をとらなければなりません。睡眠不足は受験勉強や資格試験の敵です。人は睡眠中に、起きているときに学んだ記憶を整理しているからです。

脳と勉強の関係は、脳波によっても表現できます。
ベータ波にあるうちは、いらいらしているので勉強モードではありません。脳が疲れている状態ともいえます。この状態で勉強しても、効率よく暗記したり理解したりすることは困難です。

しかしアルファ波になると、脳は、勉強のための準備が整います。そのあと勉強を開始することで、しぜんと脳からシータ波(θ波)が出てきて、集中力や記憶力、理解力、思考力がマックスの状態で学習することができます。

このように脳と勉強は、たいへん密接にかかわっています。
脳科学の知見を活用して、能率的な勉強をしていきましょう!




■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール


■短期間で頭に刻み付ける「記憶術」の方法とは?
>> 記憶術日本一!! 藤本憲幸氏の記憶術講座 <<


右脳を鍛える方法とは?

右脳を鍛える方法について解説していきたいと思います。その前に右脳と左脳には、どのような違いがあるのでしょうか?右脳は一般的には、創造的な脳といわれ、芸術や音楽、空間認識...

記憶力を上げる方法とは?

記憶力を上げるための方法を解説していきたいと思います。人間の記憶には、脳の様々な部位がかかわっています。そのなかで、もっとも大切な箇所は、「記憶の入り口」です。ここの機...

覚え方のコツとは?〜英単語など

覚え方がわかれば、英単語であれ世界史や日本史の年号・人名であれ、なんでも自在に記憶できるようになります。そのほか化学では元素記号だったり、数学の方程式であったり、語学の文法、年表、...

睡眠は記憶の整理・定着に不可欠!

睡眠は記憶と密接な関係にあります。なぜなら睡眠は脳を休めるためのものであり、記憶は脳に蓄える行為だからです。睡眠不足になって脳の疲れがとれなければ、記憶力も鈍り、重要事項が覚え...

脳を鍛える方法とは?〜脳トレで活性化!

脳を鍛える方法は、いまや脳トレや脳活という言葉が流行っているように、多くの人が関心を持っています。このページに訪問してくださったかたも、きっと脳を活性化する方法に興味があることと思...

速読術のトレーニング法とは?

速読術のトレーニング法は、どのように行えばよいのでしょうか?巷には、いくつかの流派があります。これから速読法を始めようという人は、迷ってしまうほどの数ですよね。私はすべての...