勉強方法と受験の対策サイトTOP > 勉強の悩み相談室 > 入試対策の方法とは?

入試対策は万全の準備を

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

入試対策というと中学や高校受験、大学センター試験、大学院入試などがあります。入学試験のための対策ではありますが、各種資格試験や検定にも通用するポイントです。

入試対策というと、通常は以下の3つの準備が一般的です。
  • テキストや受験参考書の繰り返し(反復)
  • 過去の問題集(過去問)を解く
  • 模擬試験(模試)をうける

教科書や専門書などを反復して読み込まなければ、基礎力を養成できません。
基本が不十分な状態で、いくら過去問や模試を受けようが、それは砂上の楼閣となりかねません。

入試対策の勉強本のなかには、テキストを読まずに、いきなり過去問から取り組もう!と書いているものがあります。しかしそれは、あまりに無謀であり、間違いです。なんの知識もないのに、いきなり過去問に取り組めば、問題の意味すら分からないことでしょう。

それよりも、ひととおりテキストに目をとおし、「理解」をしてから過去問に取り組むべきです。問題集とは本来、「力が付いたかどうかを試すためにある」のですから・・・。

 


入試対策のための勉強方法のやり方には、3ステップあります。
この3つを繰り返すことによって、試験やテストに合格するだけの力を、確実に養成していくことができます。その3ステップとは、理解→記憶→アウトプットです。

とくに試験を受けずに、独学で気ままに学んでいこうという場合は、「理解」だけでもいいと思います。しかし入試対策を考えるのなら、そのあとに細かい事項の「記憶」、そしてそれを確実にアウトプットできる能力がもとめられます。

入試対策に必要な3ステップのうち、理解と記憶に関しては、学習教材や入門書、専門書の読み込みで達成できます。しかし、一度は脳に刻み付けた記憶が、いつでも思い通りに取り出すことができるかは、わかりません。そこで、過去問に取り組んだりするわけです。

模擬試験(模試)も過去問と同じく、アウトプットできるかどうかを試す場です。
でも模試には、もう一つのメリットがあります。それは、試験会場の臨場感(雰囲気)に慣れることができるという点です。

いくら自宅の静かな勉強部屋で、過去問がスイスイ解けるからといって、それが試験場でもできるとはかぎりません。スポーツや芸事でもそうですよね?練習のときは上手なのに、試合や発表会では、「緊張」してしまって、実力の半分も出し切れない・・・そのようなことが多いのです。

模試は、実際の試験の臨場感を体験することにより、本番で、できるだけ実力を出し切れるようにするためのシミュレーションです。この体験を積み重ねた人とそうでない人では、場数を踏んだ人のほうが、脳力を100%出し切れるといえるでしょう。

また、慣れやシミュレーションという点で、もうひとつ付け加えると、本番の試験前に、一度は試験会場がある場所にまで行ってみるということも有効です。電車にのって駅で降り、会場まで歩いてみるのです。「15分くらいかかるのか・・」という発見をするだけでも収穫です。これがもし、試験当日だったら、まわりから「未体験の情報」が数限りなく入ってくることになり、脳内が混乱しがちになります。何度か足を運べば、そこはなじみの場所となります。

試験当日には、地理的には知っていることばかりなので緊張感が和らぎ、勉強したことのチェックだけに集中できます。

そのほか、私の場合ですと、たとえばカレンダーの試験日の欄に、「合格!」とマジックで書いたりしました。まだ受けていないときにです。こうすることで、試験に対する不安がなくなり、すでに合格しているような気持ちになりました。イメージトレーニングというのでしょうか、これによってプラス思考になれるわけですね。

 


さて以上述べた、テキスト学習、過去問、模試、この3つが入試対策には重要です。
しかし、もうひとつ大切なことがあります。それはバイオリズムの調整です。体内時計といってもいいでしょう。

中学受験や高校受験、あるいは国公立や私立大学の試験勉強をしていると、どうしても夜更かしして勉強を頑張りがちです。一浪や二浪している浪人生の場合、時間が自由なので、どうしても夜が遅くなりがちでしょう。そして、昼ごろ起きだしたりする生活リズムになっています。

でも本番の試験は、午前中から午後にかけて行われます。
受験勉強で夜型生活になっていると、昼過ぎに、ようやく頭の回転がはじまります。そんな生活を試験直前までつづけていたら、午前中の試験では、頭の回転が鈍って全力を出し切れないことに・・・。

ですから入試対策では、日ごろから朝型生活を心がけ、午前中から頭が回転をはじめるようなスケジュールにすべきです。人の脳内を見てみると、朝から午前中は、睡眠によって脳が整理された直後ということもあり、どちらかというと「まっさらな状態」です。生まれたばかりの赤ちゃんのようなイメージです。

このときはインプット(記憶)は、はかどるのですが、アウトプットは苦手です。午前中はまだ体温が低いですが、昼から午後にかけて、だんだん体温や免疫力が上がっていきます。ですから午後は仕事や作業をするモードなのです。アウトプットですね。

このように起き掛けはインプットが得意であり、しばらくたって、体温が上昇していくにつれてアウトプットモードになっていきます。入試試験は、いうまでもなく、インプットではなく「アウトプット」です。ということは、起床してから時間をおいたほうが、試験では実力を出しやすいわけです。

そのようなことまで考えて、1年ぐらい前から生活リズムを工夫することが大事といえます。これも、立派な「入試対策」なのです。




■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール


■短期間で頭に刻み付ける「記憶術」の方法とは?
>> 記憶術日本一!! 藤本憲幸氏の記憶術講座 <<



【あとがき】
公立高校や私立高校の入試対策とか、大学入試、中学受験など、多くの入学試験がありますが、本文で述べたことは、すべてに共通するポイントです。野球でもサッカーでも同じで、ふだんの練習は、勉強に置き換えるとテキストの反復学習です。そのうえで練習試合、つまり赤本などの過去問を解く段階があるわけです。いきなり過去問を解くことを勧める人は、問題の下に例題が載っているものを選んで、それを解くのではなく読むだけでいいと言っていたりします。しかし、基本もできていな状態で練習試合をしたら、どうなるでしょうか?怪我のもとですよね?もちろん脳をつかった勉強ですから、怪我はありませんが、いきなり過去問から学ぶことは理不尽なのです。ただ、一度は入門書やテキストを通読して、ある程度の知識がある人なら、過去問主体に読んでいくことも有効かもしれません。これは英語学習にも似ています。英単語や文法が全く分からない状態で、ヒアリングだけをしていても英語は上達しません。やはり、最低限の(中学英語レベルの)知識があってこそ、「ヒアリングのみ」の勉強は役立ちます。
またAO入試対策というと、学科試験だけではなく面接など、別の要素も加わりますから、それなりの訓練・トレーニングが必要です。人前で話すことにも慣れる必要があります。自分の考えを、しっかり伝えられる能力も必要になります。
大学の入試対策は、たいていはセンター試験(昔の共通一次)にむけての勉強をすることになります。そのためには独学ではなく、できるだけ代々木ゼミナール(代ゼミ)や河合塾などで模試を受けるとよいでしょう。こういった受験進学予備校では、大学センター試験の傾向と対策を研究しつくしているからですね。代ゼミでは代ゼミ模試を、河合塾では全国統一模擬試験(全統模試)を行なっています。駿台予備校や、進研ゼミのベネッセでも模擬試験を実施しているので、どんどん利用していきましょう!ちなみに東進ハイスクールはオンデマンド方式であり、授業は映像配信ですが、東進模試も行なっています。全学年共通、センター試験レベルという、全国統一高校生テストは、なかなか面白い試みですね。でも、いきなり過去問を解きだすのと同じで、ある意味、無謀かもしれません。受験産業ビジネスのアイデアとしては秀逸かもしれませんが・・・。あまり無理はしないようにしましょう!受験勉強や資格試験は、積み重ね、積み上げが肝心だからです。
難関大学には東京大学(東大)や京大(京都大学)、慶応大学(慶大)などがあります。そのほか学習院、青山学院(青学)、早稲田、法政、上智、立教、学習院、東京理科、同志社などなど、たくさんあります。偏差値にみあった第一志望の大学を選ぶべきですが、とりあえず受けてみるという姿勢も大事でしょう。国立で言えば一橋大学や大阪大学(阪大)、東京外国語大学(東京外大)、神戸大学なども難関です。でも、どんな一流大学であれ、本文でのべたようなテキストの反復、過去問、模試・・・この3つを回転させていくことが入試対策の基本です。それ以上でも以下でもありません。いきなり過去問から始めるというような「無謀なこと」をしないかぎり、きっと努力は報われるにちがいありません。
中学入試の「お受験」を目指している小学生の場合は、覚えることは、そんなに多くはありません。この時期は意味記憶主体であり、丸暗記が得意な時期です。努力が、そのまま学力に反映されやすいといえます。勉強時間が即、結果として表れやすいともいえます。中学生以降になると、こうはいかず、いかに質の高い勉強にするかに気を使わなければなりません。中学入試としては、開成や灘、桐朋、筑波大学附属駒場中学校、慶應義塾中等部、麻布、女子学院、お茶の水女子大学附属中学校、成蹊といった学校が、いわゆる難関校でしょう。私は明治学院を受験して合格した経験があります。中学の入試対策の定番としては、「応用自在」とか「力の5000題」といった分厚い受験参考書が出ていて、とても参考になります。巻末に「入試対策問題」が掲載されていて、とても参考になります。力の5000題だと例題や基本問題、応用問題、実力問題と別れているので、レベルが上がっていく楽しさがあります。
入試対策は、テキスト選びも肝です。合格体験記や、予備校での先輩の話などを参考にして、よい参考書を選びましょう。なかには、自分に合わない本を買ってしまったら、もったいなくても捨ててしまう人もいるそうです。自分に合わない参考書でずっと勉強すると、「時間の無駄」になりかねません。それよりは、合わないと思ったら捨ててしまうほうが、ずっといいのだそうです。
看護(専門)学校や高等専門学校(高専)、あるいは法科大学院(ロースクール)などでも、このページに記した入試対策は役立ちます。