勉強方法と受験の対策サイトTOP > 勉強の悩み相談室

勉強の悩みを一発解決!

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

勉強の悩みにたいして、回答するコーナーです。

勉強の悩みといっても、いろいろな年代の人がいるので、一概にはいえないところがあります。

中学生の勉強の悩みなのか、それとも高校生なのか・・・。
あるいは大学センター試験を狙っている現役生なのか、それとも浪人生なのか・・・。
大学院への編入を考え、院試を目指している人なのか・・・。国家公務員試験や検定、難関国家資格を目指している社会人なのか・・・。

まず勉強の悩みは、その人が子供か大人かで、大きくアドバイスが異なります。
小学生が勉強をしないという場合、それは「親御さんの悩み」ということになります。
その場合は、褒めてあげたり、学習机や勉強部屋を与える、環境を変えるなど、親の手腕の見せ所です。

10歳あたりから中学生になると、意味記憶からエピソード記憶へと、脳内の仕組みが変化していきます。いままでは丸暗記で対応できたとしても、その勉強方法のままだと、いずれ行き詰ってしまいます。その結果、あまり記憶できなくなって学校の成績が落ち、勉強のモチベーションも下がるので、勉強の悩みを抱えることに・・・。

中学生ともなれば、脳は丸暗記の方法では覚えられないので、エピソード記憶主体の勉強方法に切り替える必要があります。これは高校生や大学生、社会人であっても同様です。エピソード記憶とは、自分の体験をからめて学習していく、しっかり考えながら理解していくということです。

これを言い換えると、右脳を鍛える方法であり、右脳勉強法ということです。また感情の元である扁桃体も動員させれば、かなり有効な勉強法になります。感情移入できる科目の場合は、それが可能です。(現代文や古文、英語の物語文など)

勉強の悩みが、どうしても苦手科目が好きになれない、ということなら、まずは、難しい受験参考書や過去問ではなく、簡単な教科書やテキスト、入門書を手に取り、ぺらぺらとめくることから初めてみましょう。接する回数を増やすのです。そうすれば、だんだん苦手教科にたいして親近感がわいてきます。これは心理学用語で単純近接効果といいます。学校のクラスの友達でも、毎日顔を合わせているから仲良くなりますよね?

勉強の悩みは人それぞれ。このコーナーに書かれていないことでも、ほかのページでは、いろいろな事項に触れています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

またこの記事の下では、勉強法のマニュアルもご紹介しています。
秘匿性のある情報が書かれているので、あなたの成績向上、偏差値アップ、資格試験の合格にかならず役立つことと思います。




■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール


■短期間で頭に刻み付ける「記憶術」の方法とは?
>> 記憶術日本一!! 藤本憲幸氏の記憶術講座 <<


勉強が嫌い?

勉強が嫌いという人は多いものです。小学校や中学校の勉強が好きになれない。中間テストや期末テストが近づくと気分が滅入る。あるいは大学センター試験や資格試験の受験勉強も、やらなきゃ...

朝の勉強は効率がいいって聞くけど、どうなの?

朝の勉強が効率的と聞くので、やってみたいという人がけっこういます。早朝に早起きして学習すると、ふだんよりも記憶力や理解力がアップするような気がして、とても魅力的に見えるのでしょう。...

入試対策の方法とは?

入試対策というと中学や高校受験、大学センター試験、大学院入試などがあります。入学試験のための対策ではありますが、各種資格試験や検定にも通用するポイントです。入試対策というと...

英語の上達方法とは?〜リスニングやスピーキング、英単語など

英語上達の方法を解説していきます。そのまえに、一言で英語といっても、大きくわけて次の4つがあります。当たり前のことですが、一応確認したいと思います。リスニングスピーキングリ...

英語の単語を覚えるコツ〜英単語の記憶法

英語の単語を覚えるというと、中学生や高校生は、英単語帳を片手に、何度も繰り返し学習する方法が一般的です。あるいは、教科書に出てくる英単語をカードに写し取り、その裏に意味を書いて何度...

自宅の勉強で集中するには?

自宅で勉強できれば、それに越したことはありません。社会人なら夜遅く帰ってきてから、あるいは土日・祭日の休日に、自宅で効率的な勉強法ができれば、移動の手間がありません。これは一浪...

過去問の取り組み方は?

過去問とは、言うまでもなく中学・高校・大学受験や、各種の資格試験において、過去に出題された問題のことです。過去の問題集としてまとめられており、赤本や青本、黄本、黒本、緑本、白本など...