勉強方法を詳細に解説!

■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける
■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴も並行してトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール

当サイトでは、勉強方法と受験対策の秘訣を中心にご紹介しています。

学習方法のコツはいうまでもなく、集中力の発揮法、やる気を高めて継続していく秘訣、記憶術・暗記法にも触れていきたいと思います。

学校の成績をよくしたいという小学生・中学生から、高校受験や大学受験、大学院入試、あるいは資格試験を目指している社会人のかたにも、お役に立てると自負しています。

効率的な勉強方法がわかれば、無暗に学習を進めるよりも、もっと短期間で、しかもより多くの事を学べるはずです。ふつうだったら1年かけて学ぶところを、半年にも3か月にも、時間を短縮することが可能になります。脳には、それだけの可能性があるのです。

ただし、それは普段から頭脳をよくつかって、勉強に頑張っている人の場合。
今まで、あまり勉強してこなかった人、テレビばかり観て脳をあまり使ってこなかった人は、脳の働きが鈍っているので、基本からの積み上げが必要になります。脳は使っていないと衰えていくからです。

効果的な勉強方法のコツも大事ですが、その前に大前提として、脳を普段からよく使っていることが大切なのです。脳は使えば使うほど、発達していきます。普段から記憶する機会が多い人ほど、海馬が大きくなり、記憶力はアップしていきます。

それは、あたかも普段から運動やスポーツをしている人の筋肉が、たくましいことと一緒です。いままで運動してこなかった人は、まずは運動を始めて、少しでも筋肉をつけなければなりません。効率的な勉強法を知るのは、そのあとでもよいのです。

ふだんから公務員試験や国家試験、あるいは中間・期末テストなどで、頑張っているにもかかわらず、思ったような結果が出ない、偏差値が上がらないという人にこそ、勉強方法の対策法は、よきヒントとなることでしょう。普段から脳を使っていれば、基礎体力は十分です。あとはコツを知っているか、知らないかの違いだけです。

効率の良い勉強方法は、英語であれ、国語であれ、その他、数学・物理・科学・化学・政治・経済・倫理・地理・法律であれ、どのような教科・科目にも通じるものです。

勉強といっても、要はテキストなり受験参考書、過去問などを理解し、脳にインプットして、それを試験会場や模試でアウトプットできればいいだけのことです。どんなテストであれ、資格試験であれ、同じ道筋をたどります。インプットし、長期記憶にし、それをアプトプットする。ですから、能率的な勉強方法というものを知っている人が、あらゆる受験を制するのです。

勉強も、ゲームと同じように攻略法を知っていたほうが、勝利を手にできる確率がグンとアップします。当サイトが、そのための「攻略本」の一つになれば幸いです。




■勉強方法の秘訣とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】2時間で正しい勉強法を身につける

■速読ソフトで読書スピードがアップ!速聴もトレーニングできます。
>> 「合格の方程式」〜受験勉強を短縮するツール


■短期間で頭に刻み付ける「記憶術」の方法とは?
>> 記憶術日本一!! 藤本憲幸氏の記憶術講座 <<



【あとがき】
勉強方法を知りたいというとき、それは学生であれば国語や数学、社会、理科、英語だったりします。また中学生や高校生になれば歴史(日本史や世界史)、地理、公民、倫理、物理、数学(微分積分、二次関数など)というように増えていきます。しかし、要は専門のテキストなり教科書、参考書を、熟読するに限ります。それ以上の説明はないのですから・・・。ですから、当サイトにおいては、それぞれの具体的な内容には踏み込まずに、もっと根本的な、効率の良い勉強の方法、正しい学習法をご紹介しています。
勉強は今や中学生や高校生、大学生だけのものではありません。就職や転職を有利にするため、あるいはキャリアアップのため、独立のため、資格試験に挑戦する人が増えています。簿記や宅建、介護福祉士、社労士(社会保険労務士)、電検一種・二種・三種、特定社労士などなど、ほんとうに数限りなく存在します。その人たちも、じつは高校受験や大学センター試験の勉強方法とまったく変わりません。ただ、学生は勉強が本業ですが、社会人のかたは、仕事をもちながら、深夜に学ぶ必要があるので、よりいっそう効率的な勉強法を知る必要があります。
国家・地方公務員試験、司法試験のある弁護士、行政書士や司法書士、税理士、公認会計士、看護師国家試験などを目指している人は、それはそれは過酷な戦いが待っていることでしょう。そのときに、最大限の記憶力と集中力、思考力、読解力を発揮できれば、確実に知識を吸収できます。そうなれば合格できる確率が高まることでしょう。
そのほか、中国語や英語、ドイツ語、フランス語、韓国語といった語学の学習においても、効果的な勉強方法は役立ちます。英単語をどう、効率よく覚えるのか。これを知っていれば、まわりのライバルよりも、より多くの知識を蓄積していくことができます。
プログラミングや秘書検定、英検(英語検定)、TOEFL(トーフル)、TOEIC(トイック)、インテリアコーディネーター、年金アドバイザー、ファイナンシャルプランナーなど、探せば本当にたくさんの資格試験があります。まさに星の数です。ですから、一度能率的な勉強方法を知ってしまえば、どのような試験にたいしても対応できる実力が身に付くのです。
頭がよくなる勉強方法は、存在します。それは本文でも述べているように、まずは毎日続けることです。そうすれば海馬が大きくなりますし、ワーキングメモリも発達します。脳内ネットワークも緻密になることでしょう。またテレビの観すぎは、前頭葉を衰えさせることになります。またお酒(アルコール)の飲みすぎは、脳に致命傷を与え、記憶力が低下する原因となります。
衛生管理士試験や美容師国家試験、医師国家試験、一級建築士など、どのような資格試験においても頼りになるのは、自分の脳とやる気だけです。それさえあれば、あとは模擬試験や、実際の試験という「本番」で緊張せずに、悠々と実力を100%出し切れるかどうかです。しっかりと脳をトレーニングしながら、日々の勉強で力をつけ、見事に合格を勝ち取ってほしいものです。そのための勉強方法です。